漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「がんばれゴキ子」
masaka02.jpg

もう1月も終盤ですが、あけましておめでとうございます!

ガンガンJOKER1月号掲載のアラクニド第26話は、
「蜚蠊」がアッサリ敵の手にかかり奴隷化してしまう話でした。
弱い!弱すぎるゴキ子!しかしこれは彼女が特段
使えない奴ということではなく「穴蜂」の能力がガッチリと
ゴキの性質にかみ合ってしまったが故の悲劇なのです。

狩り蜂のうち、イモムシなどに麻酔をかけ獲物とするものを
「ジガバチ」バッタやコオロギなどを獲物とするものを
「アナバチ」といいます。いずれのハチも正確に獲物の
神経中枢を貫き「死んではいないが動かない」という特殊な
状態を作りあげ、安全かつ新鮮な状態のまま幼虫の餌とする
習性を持ちます。

およそ全ての動物の中で、こんな芸当ができるのは
人間とハチだけでしょう。いや人間ですらここまで見事に
半死半生の状態を作り出す事はできません。特に今回
事例として挙げた「エメラルドゴキブリバチ」なるアナバチは、
ゴキブリの飛翔能力すら保ったまま完全に奴隷化する
というから驚きです。常識的に考えて、こんな生物が
進化の法則に従って生まれるわけはないので、
かのファーブル博士はその著書において進化論を完全に
否定しています。ファーブルの友人であり理解者でもあった
ダーウィンも「適者生存の法則は昆虫には当てはまらない」
との見解を表明しています。この問題は現代においても
解明されていませんが、アナバチが外科医も凌ぐ高度な
麻酔技術の持ち主である事は疑い様もありません。

つまりゴキの様な神経系に特化した「蟲」は、
アナバチの様な神経系を狙う「蟲」に対しては弱いのです。
でも以前力任せのカマドウマにもアッサリやられてたので
やっぱり単に弱いだけなのかもしれません。

以下拍手お返事です!
>交流話大好きさん
本当ですね!山口ミコト先生も同じ事を仰ってました。

>宇都宮勇さん
感想ありがとうございます!僕もチャンピオン読んでます。
ガンガン系雑誌群におけるガンガンJOKERの位置付けは
4大少年誌における週刊少年チャンピオンの位置付けと
似た所にあるのではないかと思う今日この頃です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。