漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「沼津港深海水族館」
先日24日、沼津港深海水族館に行ってきました。
沼津市場の商店街の只中にドンと設立されており、食事や
買い物がてら気軽に楽しめるアットホームな水族館…かと思いきゃ
トップバッターがダイオウグソクムシ。ド肝を抜かれました。

普通の水族館はおそらく「これと決めた魚を搬入する」という
流れでやってると思うのですが、沼津港深海水族館は
「漁港で水揚げされた面白そうな魚を水槽に入れて様子をみる」
というエネルギッシュな手法で運営する攻めの水族館です。

サンシャイン水族館なんかに比べると「超でかい」みたいのは
そんなに見れませんが「なんだこれ!?」的なのは種類も個体数も
かなり多く、植物なのか動物なのかよく分からない生き物が
(特に餌とかではない)同じ水槽の魚をゆっ…くりと飲み込んでしまう
様子が見れたりして神秘的。更にはシーラカンスの分解標本、
古代生物の化石、なぜかクモやサソリやゴキブリ、どさくさに紛れて
ハリモグラまでいるという実に不思議な空間です。

水族館に行くと決まって「生き物って何…?」という不思議な
気持ちになるのですが、深海水族館はその感じがハンパ無いです。
水族館の目の前にある寿司屋で、さっき見たばかりの深海魚の
刺身を食ったりすると更に不思議度倍増。つい買ってしまった
ダイオウグソクムシのマスコットを眺めつつ、頭上にでっかいハテナを
浮かべたままクリスマスを過ごすことに成功しました。

超不思議空間「沼津港深海水族館」オススメです。
ていうか沼津港一帯が全体的にオススメです。

daiou2.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。