漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンガンJOKER 2010年2月号
ガンガンJOKER2月号が届きました!
早速読んだので、気になった漫画を中心に思った事を書きます。

「黄昏乙女アムネジア」
今回は表紙ですね。うぎいー超可愛い。
前々から思ってたんですけど、夕子さんとあらしさんは
「長い黒髪」「セーラー服」「超自然の存在」など要素的には
かなりかぶってる感じなんですよね。
それでも全然かぶって見えないのは、二人ともキャラが
完全に立っているからなのです。毎月の事ですが、
一流のプロ作家の高度な技術の片鱗を垣間見る思いです。

「はつきあい」
この漫画は「初めての男女交際」に限定して、それにまつわる
男女の心理を濃厚に描くという斬新な着想の作品です。
男の子が女の子と手を繋ごうと四苦八苦するお話ですが、
オチを読んでからもう一度読み返すと違った楽しみ方ができる
作りになっています。漫画として非常によく出来ているな、
と思い感心しました。そして毎回注目なのは恋愛にまつわる
アイテムです。前回は「糸電話」でしたが今回は「手袋」。
次回は何だろうと思うと今からドキワクです。

「死神様に最後のお願いを」
僕が漫画を描く時は「読者の予想を裏切る」「エロい」という
2点を特に留意する様にしていますが(できてませんが)
この漫画は毎回それを見事に体現しています。
今回もなるほどこうすればいいのか、と思うシーンが
何回もあり、作家に相当の手練を感じるのです。勉強になります!

「プラナス・ガール」
藍川さんの出番が少ないと悲しい。これは…恋…?

「ダメっ妹喫茶でぃあ」
主人公のいおりさんは何が起きても「自分が悪い」と思い込む
という漫画史上最高の萌えキャラです。いおりさんのお陰で
もう何がどうなっても面白いという、こち亀やよつばと的な安心感で
読めるすごい漫画です。思わず単行本も買ってしまいました。
今回の萌えポイントは、人ごみの中で手を繋ぎ輪になる3人。
店長をマウントポジションで殴打する愛様。
漢字を飛ばしてかるた読む千景さん。にもかかわらず瞬時に読み札を
当てるいおりさんです。今月号をお持ちの方はご確認ください。

「今日の魔王様」
僕は「いじめっこといじめられっこの間に発生する一種友情
みたいな何か」が大好きで、そういう意味でこの漫画の
魔王サタンと従者スティングの関係がとてもツボです。
ちなみにサタン様の方がいじめられっこです。スティングの
いじめっぷりがとても理不尽で、この手の漫画を描かせたら
柊裕一先生か赤園人望先生が日本一です。日本一という事は
世界一です(多分)。思わず単行本も買ってしまいました。
今回はウーナさんがスティングに愛の告白をするため、
サタン様が骨を折るという展開。あらすじを書くだけでもう面白い。
今回の萌えポイントは、うまく告白できずにプルプル震える
ウーナさんです。今月号をお持ちの方はご確認ください。

総じて思った事は「みんな恋愛を描くのが上手い」という事でした。
僕はそういうのがどうも苦手で、これが照れだとしても
技量不足だとしても非常に情けない話です。告白せねば!
いや克服せねば!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。