漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじめについて
ijime.jpg

5/22発売のガンガンJOKER6月号の「アラクニド」
第18話作中において、アリスが自分に関する
いじめ問題について「大した事じゃない」という表現を
していますが、これは「いじめなんて大した問題じゃない」
という意味ではなく

自分よりも深い嘆きや苦境の中で、それでも必死に
頑張って生きている人が普通に大勢いるという当前の
事を理解する「想像力」が大切


という意味です。
ちょっと長いので作中ではアッサリ一言でまとめました。

アリスはいじめられっこの立場から語っていますが
これは当然いじめる側にも言える事で、
「自分は他人より優れている」だとか
「自分が世界で一番不幸」などと安易に決め付けてしまう
「想像力の無さ」が、他人を苦しめたり傷付けたり
殺したりする事を正当化してしまうのだと思います。

大事なのは「想像力」です。
そして幸福よりも不幸から学ぶ事の多い我々にとって、
いじめなどを含む学校生活や社会生活での辛い経験は
「想像力」を養うための格好の土壌でもあるのです。

以下拍手お返事です!
>樽谷庵さん
まったく凄いですね!あれだけ凄いという事は
何においても相当なアドバンテージだと思うので、
無用なコンプレックスを抱かず威風堂々と
揺らしたりハミ出したりして欲しいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。