漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「真・直翅目蹴撃」
12134.jpg

近頃すっかり月イチ更新になってしまったJON日記ですが、
今月も元気にアラクニドの解説に勤しみたいと思います。

JOKER3月号掲載の第15話では、響先輩の必殺技
「真・直翅目蹴撃(ライダーキック)」が炸裂します。
「直翅目」というのは「バッタ目」とも呼ばれる分類群で、
バッタ・コオロギ・カマドウマなどが含まれます。
つまり「直翅目蹴撃」というのは件の可変ライダーが
「バッタ型」ではなく「バッタ目の昆虫型」の改造人間なのだ
という響先輩の独自の解釈からくるこだわりの技名なのです。
ちなみに何が真なのかと申しますと、真剣な気持ちで
蹴っているからです。

そして3月22日発売のアラクニド第3巻は、
今回15話までの収録となります。カバーもオビもかなり
カッコイイのでご期待ください。

以下拍手お返事です!
>樽谷庵さん
>響先輩が抱いた体を使って誘惑する有栖のイメージが
エロい体つきですが悪女補正によるイメージですか?
それとも実物に準拠でしょうか?

難しい質問ですね!!!

このシーンは作画のいふじ先生が気を利かせて悪女っぽい
感じにしているので、基本的には、肉体で蜘蛛さんを
誘惑できない響先輩が、憎悪や嫉妬を交えて考え出した
イメージ映像かと思われます。

しかし蜘蛛さんとアリスが共に過ごした2週間の描写が
全然無いので、その後のアリスの変わり様などを考えると、
何かあったんじゃないかと勘ぐってしまいます。ゴクリ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。