漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーティー2010
ukare2.jpg

昨年末12月28日はスクエニの謝恩パーティーに参加させて
頂きました。僕は例年通り緊張のあまり終始挙動不審でしたが、
普段会えない作家さん達にお話を聞いたりして実に有意義な
時間を過ごさせて頂きました。その様相を思い出せる範囲で
書き綴っていこうと思います。
会場に着くと「駄目っ妹喫茶でぃあ」の柚木涼太先生、
「はつきあい」のカザマアヤミ先生、「今日の魔王様」の柊裕一先生、
「りびんぐでっど」のさと先生にご挨拶。昨年最も仲良くして
頂いた先生方です。今年もよろしくお願いします。勝手にでぃあの
同人を描いたりしてすみませんと開口一番柚木先生に謝罪しつつも
「おらくる☆ヒミコさん」の原作者内田俊先生を紹介して頂きました。
僕もいつか柚木先生に作画をお願いできる様な大物になりたいという
願いを込めつつ乾杯。牡蛎フライをむさぼり食いつつウロウロしていると、
なんとそこには「うみねこのなく頃に」の竜騎士07先生がいるでは
ないですか。去年は周囲をウロウロするだけで話しかける事が
できませんでしたが、いざ雪辱戦とばかりに興奮気味に話しかけ、
思わず握手をねだってしまいました。うみねこの完結を労うと、
既にスタッフ共々次回作へ向け発進しているそうです。その原動力は
何かとお尋ねしたところ「楽しくやってるというよりはやらない事が苦痛」
との事。文豪とはこういうものかと感慨しきり。格の違いを感じました。
次いで担当編集に「アカメが斬る!」のタカヒロ先生と田代哲也先生
を紹介して頂きました。ゴキ子のキャラ性をお褒め頂き大変
嬉しかったのですが、エスデス様の存在感には遠く及びません。
タカヒロ先生にはアラクニドのみならず僕のサイトの漫画まで読んで
頂いていると知り狼狽しながらお話を伺いました。狼狽し過ぎて
例のルーレットでアラクニドのゾーンをけっこう広めに取って頂いた
事についてお礼を言うのを忘れてしまいました。無念!アカメは
読み易い上に展開が凄まじく学ぶ所の多い作品です。
早くアニメ化すべきだと思います。更に「黄昏乙女×アムネジア」
のめいびい先生をご紹介頂いたのですが、僕が夕子さんの
お風呂ポスターを貼って興奮していた事が普通にバレてて
恥ずかしかったです。ギャオー。JOKER次号表紙は夕子さんです。
相当な仕上がりだと聞き及んだので今から楽しみです。ハアハア。
「死神様に最後のお願いを」の山口ミコト先生にも初めて直に
ご挨拶させて頂き、女の子になったきり戻る気配の無い静の
胸中やイカリングの可愛さなどいろいろ話したい事があったのですが
生しょこたんにみとれていたら話しそびれてしまいました。無念!
そして二次会では「妖狐×僕SS」の藤原ここあ先生とテーブルを
ご一緒させて頂くという好機に恵まれました。御狐神くんは理想の
男性像ですかなどと、無礼を省みずお聞き及びしたところ
「実際にいてもちょっと困ります」とのお答えを頂き、なるほど確かに
言われてみればと納得です。でもいて欲しいです。ここあ先生は
「失楽園」の尚村透先生とご面識があるそうなのでどんな方か
お聞きした所「どら焼きを見ると固まる」との事でした。不思議です。
詳細をお聞きしたかったのですが翌日のコミケ参加が控えていた
事もあり、二次会の途中で無念の帰宅。柊先生にお見送り頂き、
カザマ先生とさと先生に介護して頂きながら帰路につきました。

本当は他にもお話させて頂いたり、話したかったのに話せなかった
方が大勢いるのですが延々と続いてしまうのでこの辺でやめておきます。
しかしお会いした方々、お世話になった方々には感謝の念に絶えません。
改めて御礼申し上げます。幻想的な一夜をありがとうございました。
この思い出を糧に、2011年も頑張っていこうと思います!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。