漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「第9地区」
映画「第9地区」を観てきました。

主人公は宇宙人の居住地「第9地区」に入り
強制移住させる任務を帯びた公務員。
その過程で偶然宇宙船の燃料を浴びてしまい、
(何故か)だんだん宇宙人になってしまう…という
「ザ・フライ」と「インディペンデンス・デイ」と
「エイリアン・ネイション」をごちゃ混ぜにした様な
すごい物語でした。特に世界観が面白く
「宇宙人が来たものの、何もせず生活してるだけ」
というアイデアは秀逸。宇宙人は「エビ」と呼ばれ、
凶暴で悪事を働き、付近住民に煙たがられ、
追放しようにも何処にも追放できず、移住させようと
すれば人権団体に反対され…といった
もうどうにもならない閉塞感に溢れた世界観が
非常に魅力的でした。

この映画は南アフリカが舞台となっていて、
人種隔離政策を風刺していると聞きました。
本当にこんなカオスなんだったらちょっと面白そう
だなと思いました。絶対行きたくないけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これかなり前にネットでPV観て気になってたけど、そんなハートフルストーリーだったとは! やっぱ観に行くべきか。
2010/04/15(木) 01:45:44 | URL | びろぼん #TY.N/4k.[ 編集]
面白かったんですけど、なんで燃料を浴びると宇宙人になるのかが本当に全く分からず不思議な気分になります。
2010/04/15(木) 06:55:50 | URL | じょん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。