漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「涼宮ハルヒの消失」
「涼宮ハルヒの消失」を観てきました。

その内容はというと、細かい部分はさておき要は
「キョンはハルヒと長門、どちらを選ぶのか」
というものでした。相変わらずキョンのモテっぷりは
腹立たしいですが、基本ハルヒ信仰の僕をして
この選択には相当難しいものを感じます。
何故なら今回の長門さんは激烈可愛いからです。

観客もキョンの視点を通して「ハルヒか長門か」という
選択を迫られます。長門ファンであれば即答な気がしますが、
ハルヒ好きの人にとっては「本当にハルヒが好きなのか?」
という問いが重くのしかかる事請け合いです。
とにかくキャラクターが等身大で、観る側に
「自分だったらどうするのか」という想像を喚起させる
非常によい映画でした。

先日「アバター」も観たのですが、
「入浴をサボるほどリアルネトゲにハマる男」
「戦争を嫌い異文化の対話を試みる科学者」
「唯一人主人公をかばう先住民族の長の娘」
「何事も軍事力で解決しようとする軍人」
などなど、極めて記号的なキャラクターしか登場せず、
面白いは面白いんですけど「消失」と比べると
かなり子供向けだなと思ってしまいました。

あとハルヒがキョンに「ジョン、ジョン!」と呼びかける
シーンは個人的にドキドキしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
くそぅ、何故オレはまだハルヒを観て
ないのだ?

そんな気にさせられた!
2010/02/08(月) 02:57:59 | URL | びろぼん #-[ 編集]
とにかく長門に気をつけてください。
気を抜いてると惚れてしまいます。
2010/02/08(月) 19:29:28 | URL | 村田真哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。