漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「アラクニド特別編」
arisug2.jpg


本日発売のヤングガンガン5号に、
「アラクニド特別編」が掲載されております。
読みきり番外編なので本編と前後の繋がりは無いのですが、
時系列的には1巻と2巻の間の出来事です。
ゴキもちょっと出てるので、コンビニなどでお見かけの際は
是非ご一読ください!

そして次号ヤングガンガン6号からは、
新連載「キャタピラー」が始まります。舞台はアラクニドの一年前。
作画に新進気鋭の匣咲いすか氏を迎え、罠を張り策で戦う
「蜘蛛」とは対照的に、直感と適応力と馬鹿力で戦う
「芋蟲(イモムシ)」の活躍を描きます。

広告では「アラクニドのスピンオフ作品」と紹介されていますが、
スピンオフというと普通は「既存の脇役を主役にしたもの」
っていう気がします。その点キャタピラーはあんまり
スピンオフではない気がするんですが、独立した物語を
描きつつも、両作に共通する設定やキャラクターが登場したりと、
アラクニドと合わせて読んでも楽しんで頂ける感じを
目指しているという点については間違いはありません。

ヤングガンガン誌上への登板は「ジャッカル」終了以来
実に4年ぶりで、否が応にも奮い立ちます。
第一話の掲載は3/2(金)発売のヤングガンガン6号です。
シデムシもちょっと出てるので、コンビニなどでお見かけの際は
是非ご一読ください!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。