漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「りんたとさじ」
saji.jpg 「りんたとさじ」オガツカヅオ著

僕は怖い話が好きです。
怖いというのにもいろいろあると思うんですが、
僕にとって一番怖いのは「え…それってつまり…?」
と思う瞬間の、あのゾッとする感じです。

「りんたとさじ」は収録の8編全てに、
そんな「ゾッ」が詰まった恐ろしい漫画です。

「残り5分衝撃のラスト」と謳う映画のオチが
あんまり衝撃ではなかったり、「世にも奇妙な物語」
が5個中4個あんまり奇妙ではなかったりする昨今
これは大発見。朗らかな雰囲気で読者を油断させつつ、
何かがおかしい…と思わせ、ラストで一気に
全ての伏線を回収。疑問が氷解した瞬間、
キャラの狂気が一気に伝わる仕組みになっています。
優れた怪談がいつもそうであるように、
物語全体が大きな罠になっているのです。
口で言うと簡単そうですが、実際に物語を作ってみると
まーこれが難しい。作者の卓越した構成力に、
ただただ感服するばかりです。

特にゾッとしたのは「炬燵の人」「鳴く人」の二編。
読み終えた後冒頭に戻り、事情を知った後で読むと
更に恐ろしいという怪作。暖かくなってきたこの季節、
8回ほどヒンヤリしたい方にお勧めの一冊です。
スポンサーサイト
「彼岸花の咲く夜に」
marie002.jpg

先日「彼岸花の咲く夜に」1、2のプレイを終えました。
「ひぐらし」「うみねこ」プレイ中にも何度も感じた事ですが、
やはり07th Expansionのノベルゲームは人生訓の宝庫です。

しかしそれにつけても本編の主人公、「めそめその毬枝」
こと森谷毬枝(もりやまりえ)さんが可愛いくて仕方がありません。
可愛いというか、尋常ではない程に激モエです。
まじぱないほどあげぽよです。

毬枝さんはいじめられっこで、担任教師に酷い性的虐待を
受けていましたが、死後「めそめそさん」という強力な妖怪となり、
新参者でありながら、学校妖怪序列第8位の認知を得た
実力派女子小学生です。

僕はこういう、気弱で控えめで敬語なのに、一本芯が通った
美少女が大好物です。何よりも、虐待を受けた事を加害者のせい
だけにはせず「誰にも相談できなかったのが悪い」と
自己反省に繋げているところがとても偉いです。
人生において、失敗や辛い経験は非常に価値のあるものですが、
全てを他人のせいにして何も学び取る事ができなければ、
唯唯悲しいだけの、全く無価値なものとなってしまうのです。

「彼岸花」は怪談風の短編形式で、どの話も題材として
「いじめ」を大きく取り上げ、「いじめとは何か?」という観点だけでなく
「何故いじめてしまうのか?」「何故いじめられてしまうのか?」
「どうすればいじめられずに済むか?」など様々な観点が盛り込まれ、
具体的にいじめの本質に迫ります。そして濃密で繊細な
キャラクター造形により、読む者の想像力を喚起させます。

「彼岸花の咲く夜に」は名作ノベルゲームであるだけでなく、
「いじめはいけません」「いじめはありません」などと無思慮な
押し付けとお為ごかしを言うだけの学校教育などより、
よほど効果的、能率的にいじめの本質を理解できる、非常に優れた
道徳の教科書なのです。

以下拍手お返事です!
[「彼岸花の咲く夜に」]の続きを読む
「ゾンビッチはビッチに含まれますか?」
zonbitch05.jpg

なんでも美少女にすればいいと思ってんのかよ!
サーイエスサー!でおなじみの村田真哉です。こんにちは。
そんな調子で「アラクニド」でゴキブリを美少女にして
悦に入っていたら、今月22日発売のガンガンJOKER10月号に
とんでもない伏兵が現れました。

柊裕一先生の新作読み切り(だけど2話掲載)
「ゾンビッチはビッチに含まれますか?」の二階堂サキナさんです。

サキナさんは一見普通の女子高生、しかも優等生ですが、
なんとエロい事を考えてドキドキしないと心臓が止まって
身体が崩れてしまうというゾンビ少女なのです。
なんという秀逸な設定…キーボードを打つ手が震えます。

サキナさんはそのため日常的に、全くエロくない事の中に無理矢理
エロ要素を見出し、想像力でエロ度を高める事に勤しんでいるわけです。

ここまで読んで「ゾンビを美少女にするくらい今日び当たり前じゃない!」
と思われた通な方も多いと思います。しかしさにあらず。
勘のいい方はもうお気付きだと思いますが、そう…「ゾンビッチ」は
「ゾンビ」を美少女にしたものではなく、
「行き場の無い性欲を持て余したあらぶる童貞男子」を
美少女にしたものなのです。すごい!身につまされる!

つまりゾンビッチはビッチには含まれず童貞に含まれるのです。
ゾンビ×美少女×童貞。なんという異彩のコラボレーション。
めまいがします。漫画界屈指の着眼点の鋭さを誇る柊祐一氏が送る
最新作「ゾンビッチはビッチに含まれますか?」注目です。

以下拍手お返事です。
[「ゾンビッチはビッチに含まれますか?」]の続きを読む
「りびんぐでっど!」
mona002.jpg


週刊少年チャンピオン連載
「りびんぐでっど!」よりゾンビ女子高生、
灰田もなこさんです。

「りびんぐでっど!」は最高に面白いです。
そしてもなこさんは最高に可愛いです。
その魅力については枚挙に暇がありません。

■女子高生である
■ゾンビである
■やたら元気
■肉が大好物
■がんばりやさん
■ツインテール
■すぐ手足がもげる
■首もとれる
■内臓でちゃう
■ちょっとした事で縦にも割れちゃう
■腸をロープ代わりにして溺れる子供を助けちゃう

もはや脱帽です。短期集中連載から
本格連載への昇格も頷けます。
精神的な意味でも肉体的な意味でも、
女子高生の内面に興味のある方にはオススメの
逸品と言えましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。