漫画野郎・村田真哉の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「蒙古タンメン中本」
092.jpg

ここ最近、有名激辛ラーメン店・蒙古タンメン中本の
「五目味噌タンメン」にハマっています。

漫画を描いてるとなぜか外食が増えるのですが、
外食だとなかなか野菜が採れず、無理に採ってもあんまり
美味しくないなと長らく思っていました。

しかし中本の五目味噌は違います。
激辛ラーメンの上にタップリ乗った豚肉・キャベツ・もやし・
ピーマン・玉葱・人参・タケノコ・きくらげの肉野菜炒めの上に
ネギで、五目とは名ばかりの八目野菜。これが非常に美味しく、
辛さに悶絶しつつも、野菜の甘みに救われ
「辛い甘い辛い甘い」とか言ってる内にモリモリ野菜が
食べれてしまうという、革命的な逸品です。

作り置きではなく、目の前で新鮮な野菜をジャンジャカ
調理してくれるのも素晴らしいです。外食で肉より野菜が
美味しいと思ったのは、もしかしたら初めてかもしれません。
もはや完全に虜です。

JR大宮駅前の中本で深夜0時頃、五目味噌をすする
全裸の男がいたら、僕である可能性は高いです。
よろしくお願いします。以下拍手&コメントお返事です。
[「蒙古タンメン中本」]の続きを読む
スポンサーサイト
「天狗」
今日は越谷にある「天狗」に行ってきました。
ここのラーメンはちょっと特殊です。

PA0_0003.jpg
天狗らーめん(中)

ボリュームと肉の分厚さが目を引くものの、一見して
普通の醤油ラーメン。味も素朴な感じで、これは食べてる
内に飽きが来るかも…と思いきゃスルスルスルと箸が進み
いつの間にか完食。「あれ、もう食っちゃった」みたいな
感じになります。

これはおそらく大量の具材を煮込んでスープを仕込んで
いるためと思われます。「天狗」はラーメン専門店ではなく、
餃子とか麻婆丼とか焼肉定食とかがメニューに並ぶ
いわゆる町の中華屋さんですが、相当本気で美味いラーメン
造りに挑んでいるとしか思えず全く侮れません。恐るべし。

余談ですが、会計を済ませすぐ近くにあるコイン
パーキングまで戻ったら、店員さんが雨の中わざわざ
追いかけてきて駐車料金を払ってくれたので、思わず
惚れそうになってしまいました。男ですが。

仕込みも接客も営業時間も、その店名とは裏腹に
全く天狗になっていない「天狗」。名店です。

「天狗 北越ラーメン」
埼玉県越谷市北越谷5-9-32
営業時間
11:30~14:00
18:00~3:00  火曜定休
「空飛ぶ玉ネギドレッシング」
さすがに二郎全マシばかり食べていると油分を
摂り過ぎるので、せめてドレッシングくらいは多少
味気なくともノンオイルにしてみようかな。
なんて思って買ったのがこれなのですが…

100331_1703~01
「空飛ぶ玉ネギドレッシング」

なんと味気ないどころか超美味いのです。
ビックリ。僕はあまり野菜が好きではないのでサラダ
なんかを美味しく食べる事は基本的に無いのですが、
これをかければキャベツの千切りがいくらでも
食べれてしまうという異常事態の発生です。
おそるべし空飛ぶ玉ネギ。
おそるべしヤマエ食品工業株式会社。

ちなみに空飛ぶ玉ネギというのはJA延岡の
登録商標だそうです。宮崎の玉ネギは飛ぶんですね。
脅威です。
「ドンキタモト」
今日は埼玉県北本市にある二郎「ドンキタモト」
に行ってみました。起きて一回目の食事なので朝食ですね。
朝はやっぱり二郎です。店外に貼ってあるメニュー表に
「ラーメン(小)は普通のラーメンの2倍程度の量です」
と書いてあって「小」という言葉の意味がよく分からなくなり
クラクラしながらの入店でした。

100326_1327~01
ラーメン(小)+豚W全マシ

もう見慣れたとはいえ圧巻。どうやって食べ始めればいいのか
未だに迷います。しかし(あくまで他の二郎と比べればですが)
割とアッサリしており意外にスルッと完食できました。
とはいえ超満腹です。うごーしぬうー

いつも思うんですが、二郎系の店員はみんなビックリするほど
礼儀正しいです。ネットでの情報が先行して一見さんお断りみたいな
イメージがありますが、その辺の店よりよほど折り目正しく
爽やかなので、むしろ軽い気持ちで入っていい気分で出られる
名店ばかりです。ドンキタモトも例に洩れず名店でした。

100326_1343~01

例に洩れずといえばまた店外自販機に黒烏龍茶が!
こんどは一台占拠の12本。黒烏龍茶ばかりの自販機は、
埼玉をさまよう子羊を名店に導く道標です。

「ドンキタモト」
埼玉県北本市東間5-100
℡ 048-543-0138
営業時間
11:30〜15:00
18:00~24:00(火曜定休)
「富士丸」
久々に二郎系列の店「富士丸」に行きました。
二郎というのはラーメン屋さんなんですが、出てくる
ものはあまりラーメンという感じではありません。

100212_2354~01
「豚」全マシ 

とまあこんな感じで野菜と肉が山盛りなのです。
具を端に寄せて麺をすするなどという芸当は不可能。
先ずは山盛りの豚肉ともやしとキャベツを食べねば
麺やスープには辿り付けません。食べた後も
「満腹」「満足」というよりは「達成」「完成」といった
感情が沸き立ち、ラーメンを食べたというよりは
二郎を食べたという気分になる不思議な逸品です。

東京や京都の二郎を何軒か回ってみたのですが、
「富士丸」北浦和店は野菜に味が染みてる感じで
とても美味しいです。肉も相当いい感じ。
そして完食後、店を出ると…

100213_0009~01

自販機に黒烏龍茶が!(しかも6本並列)
思わず1本買ってしまいました。心憎い演出と
気配りが光る北浦和「富士丸」。名店です。

「ラーメン富士丸」北浦和店
埼玉県さいたま市
緑区大字三室1207-4
18:00~24:00 月曜定休
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。